斜頸 8日目~食欲回復の兆し - みにまるはうす

Nov 10, 2010

斜頸 8日目~食欲回復の兆し


しし丸が斜頸になって1週間が過ぎました。斜頸の治療はまだしてないので良くはなってませんが、悪化もしておらず、眼振などの症状は今のところ現れていません。


齧るようになったので、今はタオル(クッション)は入れてません

食欲は少し回復してきました。日中はあまり食べませんが、夕方から翌朝にかけては数分~数十分に1回、何かしら食べています。


後ろから見たしし丸。
首が右に曲がったままレタスを食べています。


私が野菜を追加する頻度も量も増えてきました。今はセロリやパセリ、大葉やブロッコリー、青梗菜の葉の部分を好んで食べています。

下の写真は、茎だけ食べ残された水菜。
ちなみに一緒に写ってる茶色い粒はペレットではありません。彼のうんこです。小さいでしょ。


牧草も少しずつ食べるようになってきました。
現在ケージの床には3種類の牧草を置いてあります。いつも食べているアメリカ産チモシー1番刈と、大好きなカナダ産チモシー2番刈。それと、一応アルファルファも。


アルファルファはほぼ無視されてますが、カナチモとアメチモを9:1の割合で食べているようです。うんこも少しは大きくなってきました。


しし丸の腸に良いのはアメチモなんですが、この際、食べるてくれるんなら何だっていいです。


ペレット(バニセレ)とリンゴペレットも容器に入れて置いてありますが、バニセレはほとんど食べようとせず、リンゴペレットを時々食べてます。
栄養面や体重のことを考えるともっと食べて欲しいんですが、牧草を食べて腸の動きが良くなったら自然と食べるようになるかもです。


水は2箇所(ボトルと床置きの器)に用意しています。
ボトルから飲んでいる姿を時々見かけますが、飲む量はほんの少し。脱水は今のところ大丈夫そうですが、野菜だってそんなに多く食べてる訳ではなく、野菜からの水分補給は然程期待できないでしょうから、まだまだ注意が必要です。
先日まゆらさんに斜頸や流動食に関する情報等を教えて頂いたので、今夜の投薬時にその資料を参考に実践してみました。思うように上手には出来ませんでしたが、私が慣れたらしし丸も今ほどシリンジを嫌がらなくなるかもしれないので頑張ります。


朝晩の投薬後はケージの掃除をするので、その時間はしし丸を部屋に出しています。
よろけてコケた時に怪我をしないか心配ではありますが、少しでもストレス解消になればと思って。
部屋に出るとすぐ基地に引きこもります。時々出てきて私の方へ寄ってきますが、またすぐに帰っていきます。彼はダンポールの基地が大好きなんですが、ケージの方が食事などを摂り易い環境にしてあるので可愛そうだけど掃除のあとはケージに帰します。
ケージに帰ると翌朝(午前中)まで食べては寝て、食べては寝てを繰り返してます。

今は仕事を休んでしし丸の生活リズムに合わせて看病してます。
完全夜型で寝るのは昼。
夕方から翌朝にかけては投薬や、流動食と野菜等の補充を2時間おきにする感じ。
今の状態からすると日中は付き添ってなくても大丈夫そうなので、明後日からは仕事に行こうと思います。
皆様、いつも温かいコメントをありがとうございます。



ブログランキング にほんブログ村

1 comment:

  1. ご無沙汰していました。。
    しし丸くんが斜頸になっていたなんて…
    食欲が出てきたようでよかった!
    それに体調のバロメーターである●が大きくなってきたのは嬉しいですね!
    斜頸のことはよくわかりませんが、しし丸くんが元気になるように愛知の空の下から祈っています。。。

    ReplyDelete