うさぎの耳掃除と体重測定 - みにまるはうす

Feb 22, 2008

うさぎの耳掃除と体重測定


先日しし丸が足で耳をホリホリしている時に、耳から「耳クソ」らしい物体が飛び出てきたことがありました。
※「しし丸くんの60分」参照

その後、ライトを当てて耳の奥まで見てみたけれど、怪しい箇所は特にナシ。
ただ、手前の方に小さな耳クソが1つあったので、耳掃除をすることにしました。

用意するもの



※イヤークリーナーとグルーミングスプレーがない場合は、水、または人間用の消毒液を水で薄めたもので代用可能


人間用の消毒液を使う場合


我が家では「イソジン 消毒液」を愛用しています。
以前、仙太郎の耳や頭部に消毒液でのケアが必要になった際に、掛かりつけの動物病院の先生が「イソジン消毒液を薄めて使う方法」を教えて下さいました。
今では耳掃除だけでなく、目の周り、体全体のグルーミングなどなど、うさぎーずのお手入れに欠かせない一品となっております。マジお勧めです!

人間用の消毒液をうさぎの身体に使う場合は、必ず水で20倍程度に希釈」してから使って下さい。

希釈消毒液で耳掃除をすると、汚れ落としと消毒が同時にでき、2度拭きも不用なので便利ですよ。

うさぎの耳掃除の仕方


  1. うさぎをリラックスさせます
  2. イヤークリーナーをコットンに少量つけ、耳の内側を優しく拭いてあげる
     ※イヤークリーナーをつけすぎると耳の中に液が入ってしまうので要注意!
  3. 麺棒にイヤークリーナーを少しつけ、耳の穴の中を拭きます
     ※この時、うさぎの体はしっかりと固定して下さい。拭いている時にうさぎが嫌がって(くすぐったがって)頭を振ることがあるので
  4. 仕上げにグルーミングスプレーをコットンにつけて軽く拭いたら終了です

私は穴の奥は怖くて出来ないので、病院でやってもらうようにしてます。
そのたびに「すっごい溜まってるなぁ」と思うんやけど、先生の話では「これは普通です。凄い子は本当に凄いですから」と。
基本的にうさぎは自分で耳をホリホリして耳クソを出しますから、それが苦手な子だとたまり易いのでしょうかね?
あ!垂れ耳さんはたまり易いそうですよ。

我が家では仙太郎の耳クソはたま~にみかけます。耳を掘った直後の足にくっついてることがあるのでね。



耳掃除のついでに体重測定もやっておきましょう。
まるぅ、出ておいでー!


ほっぺに牧草をくっつけたまま、何かを「じぃ~」と見つめて固まっておられますが?

彼の視線を追ってみると、そこにはアイツがっ!


「アイツ」とはごよちゃんのおさがりキャリー「ピンクちゃん」。

しし丸の体重を量るときは、彼をピンクちゃんの中に入れてから(うさぎーず専用の)キッチンスケールに乗せます。でもしし丸はピンクちゃんに入れられるのが嫌いなので、これが視界に入るなり固まります。

しし丸がピンクちゃんを警戒して自室に引きこもったまま出てこようとしないので、暇つぶしに「羊谷ムーさん」の体重測定をすることにしました。


おしい!あと1gでピッタリ100gやのに・・・

おっと、フタを閉めるのを忘れてた。
フタを閉めないと正確な数値は出ないのでね。


出ました。
羊谷ムーさんの体重は131gでーす♪

と、こんな感じで一人寂しく遊んでいる私を不憫に思ったのか、しし丸がやっとこ出てきてくれました。

では、さっそくINしていただきましょう。


恒例のパッツンパッツン状態です。
※毛がフカフカだからパッツンパッツンに見えてるだけで、本当にギューギュー詰めなわけではございません


体重は先週より1g増加の1685gでございました。

仙太郎は2kg以上ある為、このキッチンスケールでは測定不可能。
彼には人間用の体重計(100単位でデジダル表示のもの)を使ってます。
なので数値はアバウトです。正確に量るのなら人間の赤ちゃん用の秤が良いそうですよ。

でもって仙太郎を量る直前に撮った写真が↓なんやけど、このヒト、ちょっとデブった?


実際に量ってみたところ、先週と変わらず2.5kgでした。
「おデブ」って言ってごめんなさい。



ブログランキング にほんブログ村

8 comments:

  1. なんだかしつこい位コメントしてます。。。
    しし丸君を量ってるかご?いいですね。
    蓋がついているのがポイント!
    逃げ出さないし、体にフィットしているので
    動けないしすごく欲しい!空気穴もついてる。
    でも、しし丸君がパツンパツン状態で蓋閉められて
    かわいそうというか可愛いというか笑っちゃいました。
    当然仙ちゃんは入りきれないでしょうね。
    耳掃除は怖くてやったこと無いです。
    怖いというのと、うまく抱っこ出来ないので出来ません。
    太陽君の耳の中スゴイかも!

    ReplyDelete
  2. ピンクのキャリーに入っているしし丸くん。
    かわいいですヾ(≧▽≦)ノ
    で、フタ閉めたらキャリーとジャストサイズっぽいし(爆)
    前の記事もいつも読んでますよ~。
    でも、なかなか難しいですね(;_;)
    私には無理そう。。。

    ReplyDelete
  3. あら~体重測定っすね。モカは暴れるのでちょいと無理かな。何キロなんだろう。
    私、どうも仙太郎くんの顔に弱いようです。
    またはまって笑ってしもた。

    ReplyDelete
  4. 耳掃除、したことないなぁ。
    ぺらっとお耳を上げてみたら、耳クソがあった場合は見えるのでしょうか~!?
    そして体重測定、仙太郎君は2.5~2.6!!
    はぁ…こうは先生からもう少し痩せた方がいいと言われたけれど、やっぱりだいぶ違いますね。
    ��.0~3.1なので…^^;

    ReplyDelete
  5. みんくんは自分で耳掃除できないので、私もイヤークリーナーでお手入れしてます。
    動物病院で頼んだら、忙しかったのか
    「ウサギさんの耳はデリケートだから…」とさりげなくスルーされてしまいました[E:gawk]
    ピンクのキャリーに入ってるしし丸くん カワイイ[E:lovely]

    ReplyDelete
  6. 《ほっぺたいようさん》
    いえいえ、とても嬉しいです。ありがとーございます♪
    しし丸のピンクのヤツはハムスター用のキャリーです。
    ごよんが生前使ってたのをしし丸の体重測定用に借りてるんですよ。
    ロックは掛ずにフタを軽くかぶせてるだけなんですが、何故か自分から出ようとはしません。
    開けるとさっさと出て行きますけどね。
    仙太郎が入ったら…途中でキャリーが割れてしまうかと(^^)
    私も奥の方は怖いので病院に行った時にお願いしてます。
    たまに穴の手前付近に取れそうなのがあれば取ってあげるくらいで、だいたいは裏側を拭くくらいですね。
    耳クソ、見た時はまぢ驚きますよ~
    《みうさん》
    今日はぴったり入ってますね。いつもは毛が少しはみ出てしまうんですけどねぇ。
    お!1件目も読んで下さってたのですか。ありがたやー♪
    みうさん大丈夫っすよ。
    ずぼらな私でも何とかやれてますから~。楽しいっすよ(^^)
    《ムサシママさん》
    モカ君の写真を拝見した感じではしし丸くらいかなって思ってますがどうでしょ?
    ムサシママさんは確かに仙太郎がツボのようですね♪
    よく仙太郎ネタでウケて頂いてるもの~
    これからも仙にはボケを磨いてもらうとします。
    その後、所長さんとはどうすか?
    相手が相手だけに難しい問題ですよね。下手に文句も言えませんしねぇ。
    《桜子さん》
    耳の奥は私も出来ませんが、たまに穴の手前の方に小さいのが付いてることがありますよ。
    あとは耳の裏が汚れてたり。耳の裏は簡単に拭けるので消毒がてらやってあげてはどうでしょう?
    あら…こう君は仙太郎と同じくらいかなって思ってましたが3kgあるのですか。
    仙太郎も前は3kgだったんです。今はこの体重に戻すように頑張ってるとこですよ。
    彼の場合は骨格からして3kgでも決して肥満ではないと病院の先生は言ってましたから、こう君はもしかすると仙太郎より体の線が細いのですかね?
    《うさずきんさん》
    えー!何それ!
    それってかかり付けの病院での出来事ですか?だとしたらちょっと…
    先生はみんくんの足のこと知ってるのにね。
    けどうさずきんさんがしっかりお手入れしてあげてるから良いのかなぁ~
    しし丸はあれに入れると仏頂面になります(^^)

    ReplyDelete
  7. 仙太郎サン!安心しぃや!
    世の中にはデブ専もいっぱいおるらしいヨ♪
    でも、兎はちょっとポッチャリの方が可愛いんやよ。(笑)
    耳クソってそんな溜まるもんなんや。
    バニの耳で見た事ないような…。
    今度、病院で見てもらいます♪

    ReplyDelete
  8. 《ペプヲさん》
    確かに♪
    うさぎって特に下半身がぽっちゃりしてる方が可愛くないですかぁ?
    バニちゃんはきっと自分できちんと手入れできてるんじゃないですかねぇ?
    もしかすると病院で奥の方をほじってもらうとそれなりに驚く結果になるかもですが(^^)

    ReplyDelete